着物の種類

きものと帯の合わせ方
きものと帯には調和というものがあります。こういう格のきものには、こういう帯をという「調和」です。
下の表を参考に、きものと帯を合わせて着て下さい。

尚、留袖・振袖の第一礼装ですが、これは、結婚式・披露宴への参列の場合です。
ミスの第一礼装は花嫁の衣装を表します。
ミセスの場合は、年齢を問わず留袖ですが、親族でも訪問着が許されることがあります。それは、出席する相手との親密度や血の濃さによるので、ご相談下さい。(概ね甥・姪辺りは許されます。)

合わせ方には、色の調和もあります。
 @きものと同系の濃淡  
 Aきものの中の一色を持ってくる  
 B きものと反対の色の濃淡 などがあります。
尚、色を合わせるのには、きもの、帯、小物(帯締め・帯揚げ等)の三点を同色にしないことが常識となっています。同色にするのは、二点までにされることを強くお奨めします。

着物の格と帯の合わせ方

着物 説明     帯
留袖 ミセスの第一礼装 袋帯・丸帯
振袖 ミスの第一礼装 袋帯・丸帯
訪問着 略礼装 ミス・ミセスを問わず着ることが出来ます。 袋帯
色無地 紋を入れることで略礼装となります。 袋帯・名古屋帯
付下げ 袋帯・名古屋帯
小紋 江戸小紋・鮫小紋は格が上になります。 名古屋帯・袋名古屋帯
お召し 名古屋帯・袋名古屋帯
どんなに高価でも遊び着扱い。それ故楽しんで下さい。 名古屋帯・袋名古屋帯
ウール 名古屋帯・袋名古屋帯
浴衣 昔は寝間着でした。気軽にきて下さい。 半幅帯

 

 

戻る