着付けに必要なもの及び注意事項

一般的に、必要なもの
 (下着系)
足袋、裾除け、肌着、(裾除けと肌着を足した形のワンピースでも構いません)、
長襦袢(必ず半襟をつけておいて下さい。) 襟カラー
尚、半襟は留袖の場合の半襟は、必ず「白色」でお願いします。留袖以外の時は、刺繍襟でも構いません。

 (着物)
着る予定のお着物。
もし、振袖や訪問着の場合、伊達襟を付けようと思われている方は伊達襟の用意を!

 (帯)
振袖、留袖、訪問着、付下げ、色無地の場合は、袋帯を。
小紋、紬の場合は、名古屋帯を。
女物の袴の場合は、半幅帯を ご用意下さい。
他に、前板、枕、帯揚げ、帯〆めも必要です。
(袴との場合は、枕、帯揚げ、帯〆は必要ありません)

 (小物)
紐4〜5本、タオル2〜4本(補正の為)、伊達締め2本、
 
ゆかたに必要なもの
肌着、裾除け、(もしくは浴衣ワンピース)、浴衣、半幅帯、前板、タオル2枚、紐3本、伊達締め1本

男子のきものに必要なもの
首の所がU字になったランニング、ズボン下、
足袋、着物、角帯、紐4本、スポーツタオル2〜3枚
紋付き羽織袴の場合は、袴、羽織をご用意ください

特別に用意するもの
(振袖の場合) 
振袖の場合、帯結びは変わり結びとなりますので、もし、二重仮紐や三重仮紐があれば、それをご用意下さい。
 また、帯揚げは、振袖用の総絞りなどがいいでしょう。

(留袖の場合) 
必ず、帯揚げは、白の帯揚げを。帯締めは金銀の帯締めを。
小物として末広(扇子)を必ずご用意下さい。
特に花婿・花嫁のお母様、仲人夫人の場合は絶対に小物は白でないといけません。

(女物の袴の場合) 
お紐を6本以上ご用意下さい。

【着物をきる時の注意】
・ブラジャーは出来るだけ外して下さい。
和装ブラか、キャミ、運動ブラなどが宜しいか、と思います。
・前日には着物をハンガーにかけておいて下さい。(折り皺が取れます)
また新しい着物の場合は、しつけ糸は取っておいて下さい。

判らない小物があれば、遠慮なくお尋ね下さい。
どうしても手に入らない場合や、なかなか用意が出来ない場合は、こちらで用意したものを販売することも出来ます。

 

 

戻る