ご挨拶

気軽に着物をきて戴く一助となるように。
また、着物に関する諸々の相談を受けたいと思ったこと。 

それが、弥生屋の開設の目的でした。 

小さな歩みではありますが、少しづつ、確実に一歩一歩進めているような気がします。 お陰様で、多くの方に着物をきて戴くことが出来ました。 
またメールなどで、着物に関する相談をさせて戴いたりもしています。 そのことで、着物をきようかどうしようかと迷われていた方が、「やはり着物をきて参加します。」と仰って戴けた時は、とても嬉しく思います。 

考えてもみて下さい。 着物は、ほんの90年ほど前には、「普段着」だったのです。 誰もがきていた日本が誇る、民族衣装なのです。決して特別なものではないと思います。 

少しでも多くの人にきものや「和」に関する魅力を知って戴ければ、嬉しいなっと思っています。 
お気軽に、このサイトをご利用して戴き、楽しんできものに親しんで戴ければ、というのが私の願いです。

【プロフィール】
1956年3月 滋賀県長浜市生まれ 高校時代より京都に暮らす。母方の祖母の実家が呉服店という環境で、幼い頃より着物姿の女性を見て育つ。 印刷・デザインの仕事をしつつ、2000年1月に京都きもの学院に入学。約4年半通学し、各種、資格を取得。
2002年4月 ネット上に「着付けの弥生屋」をオープン。
技能三段、花嫁着付け、時代衣装着装士、和装プロデューサーなどの資格を持つ。

戻る